中古マンションを業者に売るメリットとは?

中古マンションを売りたい

中古マンションを売りたいと思ったらどのような手段があるのでしょうか。中古マンションを売る場合には、大きく分けて三種類の方法があります。 一つ目は、知り合いに直接売却する方法です。他の業者を間に入れないために、最も大きな利益を入れる事が出来る可能性があります。 売却時期も売却金額、売却条件なども個人同士でつめられますので使い勝手がよい売却方法だと言えます。

しかし、個人同士での売却ですから、売却相手が約束を守ってくれなかったりなどに代表される売却時のトラブルが起こってしまったり、 難しくて面倒な手続きなどを個人で行わなければいけないというデメリットが大きい為あまり現実的ではありません。 二つ目は、仲介業者に依頼するという事です。 所有している中古マンションを仲介業者に依頼して、購入希望者を探してもらう方法です。 こちらのメリットは自分で購入してくれる人を探さなくても良い事であったり、めんどうな手続きを仲介業者に任せる事が出来ます。

しかし、仲介業者によってはいつまでも購入希望者を見つけられない場合もあり長期化する可能性もあります。 そこで注目されているのが、三つ目の中古マンションを直接業者に売却するという方法です。 仲介業者や個人で購入希望者に売却する場合とくらべて、若干売却金額が安くなる傾向はありますが、それ以上に大きなメリットが沢山あります。 そこでこちらのページでは、中古マンションを業者に直接売却するメリットなどについてご紹介させて頂きます。