中古マンションを業者に売るメリットとは?

ボロボロでも買い取ってくれる

中古マンションを業者に売るメリットを考えた時には、売却後の瑕疵担保責任が免除されるというメリットにも注目する必要があります。 一般的な不動産売却の際には不動産業者に依頼して仲介で第三者に売却をすると思いますが、そういった場合には、不動産を売却する持ち主が瑕疵担保責任という責任を負わなければいけません。

初めて瑕疵担保責任を知った方に簡単に説明させて頂くと、中古マンションなどを含む不動産を売却した場合には、「一定の期間内は、売却した不動産の修繕義務がある。」という事です。 つまり中古のマンションを売却した後に雨漏りや配管設備などの隠れた部分の故障が発覚した場合には、中古のマンションを売却したあとでも修理をしなければ行けないのです。 最悪1,000,000円を超える修繕費用が必要になる事もありますので、かなりのデメリットだと言えます。

初めて瑕疵担保責任を知った方に簡単に説明させて頂くと、中古マンションなどを含む不動産を売却した場合には、「一定の期間内は、売却した不動産の修繕義務がある。」という事です。 つまり中古のマンションを売却した後に雨漏りや配管設備などの隠れた部分の故障が発覚した場合には、中古のマンションを売却したあとでも修理をしなければ行けないのです。 最悪1,000,000円を超える修繕費用が必要になる事もありますので、かなりのデメリットだと言えます。